リアップの副作用を事前に把握する|安全に使用するコツ

医薬品だけに注意点も

鏡を見る男の人

高い効果とリスク

リアップは、発毛効果が認められた日本で唯一の医薬品です。医薬品だけにその効果は医学的に実証されたもので、信頼性は高いと言えます。メーカーの発表では、約1年使用した場合は約7割の人に軽度以上の改善が認められるとされています。しかし医薬品には、副作用が付き物です。リアップの副作用には、血圧低下や心拍数の増加、心筋梗塞、頭痛、頭皮のかぶれなどがあります。こういった副作用が出たら、ただちに使用をやめて様子を見ましょう。リアップと上手につきあうには、無理のないように体の調子を見ながら続けていくことが重要です。また、リアップと並行してサプリメントの摂取や生活習慣の改善などを行い、総合的な育毛を目指すべきでしょう。

発毛のメカニズム

リアップに含まれるミノキシジルは、もともとは高血圧の治療のための血管拡張剤として開発された成分です。しかし発毛効果があることが発見され、発毛剤に転用されることになりました。発毛のメカニズムについてはまだ不明な点がありますが、血管を拡張させ血流を良くすることで発毛を促すと考えられています。もともとは高血圧の薬なので、副作用として血圧が下がるという症状も見られます。ミノキシジルは頭皮に塗布する方法が一般的ですが、ミノキシジルの錠剤を経口で使用するとさらに効果が高いとも言われています。しかし、ミノキシジルの経口使用はより副作用の危険度も高くなるとされています。やはり医薬品として認可されたリアップを、正しい容量を守って使用するのが安全だと言えるでしょう。